切らずに作る文化帯
(袋帯)

帯を切るという事に抵抗を感じている方は切らずに文化帯にした帯がお勧めです
結ぶ事に慣れてきたらまた解いていつでも元通りの帯になります


切らずに文化帯(袋帯)の結び方

お太鼓の山に帯揚げで包んだ帯枕を通し体を少し前かがみ
にして帯を背負います。帯枕をしっかり結びます。
帯揚げは前で仮結びしておきます。
前帯を脇からお太鼓の下へ通します 帯についている紐を前で結び
帯の中へしまい込みます
帯締めを通して帯揚げを整えて出来あがりです


切らずに作る文化帯(変わり結び帯)

振袖や若い方の帯結びに


切らずに文化帯(変わり結び帯)のいろいろ

現在は切らずに結び帯の
お仕立ては受けていません

切らずに文化帯(変わり結び帯)の結び方


1.作り上がった帯を置いて
 枕に帯揚げをかけます。
2.帯締めを差し込んでおきます。

3.改良枕の紐を持ち、少し前かがみになって
 背中にぴったりと付けて結びます。
 (改良枕の下側を伊達締めにはさむと
 ずり落ちません)
4.帯揚げを前で仮結び
  します

5.胴回りの帯を体に添わせながら一周し紐の部分を持って
改良枕の下へ通し改良枕に付けてある紐と前で結び帯の下へ隠します。
前帯のたるみは右から左へいせ込んで前帯を体にぴったり添わせます。
6.通しておいた帯締めを前で結び、帯揚げを整えて出来あがりです