帯の種類と仕立て方法

袋 帯 芯入仕立て (帯全体に好みの堅さの帯芯を入れて仕立てます)
芯なし仕立て (帯が堅くて重い時や、やわらかく締めたい時
 芯を入れずに仕立てます)
太鼓、腹のみ
 芯入仕立て
(全体はやわらかく締めたいが、太鼓や腹のみ芯を
 入れてはりをもたせたいとき)
京袋帯 芯の入れ方は袋帯と同じ 袋帯と形は同じです 長さが九寸帯と同じか少し長目
名古屋帯
(九寸帯)
手仕立て (高級くけ仕立て)
ミシン仕立て
平仕立て (関東仕立、額縁仕立など呼び方はさまざまです)
胴の部分を半幅にせず、全部開いて仕立てます
大松葉仕立て 胴の部分を手先から15cmか50cm位を半幅に
仕立てます
袋名古屋帯
(八寸帯)
手かがり ○ 一般的には太鼓と手先50cm位をかがります
ミシンかがり ○ 夏かがりは夏帯の太鼓部分をかがらずに
  仕立てます(トンネル仕立てとも言います))
全かがり
(手・ミシン)
○ 太鼓のみ芯を入れたり胴の部分を半幅に折って
  九寸名古屋
帯 のように仕立てる場合もあります
綴 帯 綴れかがり 耳のたて糸を使い仕立てます
半幅帯 おもに浴衣に締められることが多いですが、九寸帯や
八寸帯から好みの
帯幅、帯丈を決めて作る事が出来ます
帯幅も半幅のほか、六寸や三寸などの細帯もあります
角帯 博多献上、綴れ織り、紬織り他色々な種類のものが
あります。
これらの帯は口をかがるだけですが、
半幅帯と同様に好みの生地で仕立てることも出来ます


以上ごく一般的に使われる帯を記載しました。