文字の風景 
日記や小文など主に文字で表すページです。

ある早春の日

小春日和の住宅街を歩く。
モダンな住宅の庭々に咲く山茶花の赤い花が、淡い陽光に浮きあがり通り過ぎる私の目に染む。
鮮やかなその花びらは、木の下を囲むように落花し赤く染めている。厳寒の冬が行き、新たな準備を始めるようだ。

待ち合わせ場所に急ぎながら、ウォークマンで聴くインド洋の島唄…。
レ・ユニオン島のマロヤという音楽に使われているという、木箱に木の実を入れて揺すり音を出す楽器。そのリズミカルな懐かしい音が、遠い記憶を呼び戻す。畦道に咲く春の野花

あれは多分に、映像の世界ではなく、祖母だったのか…。それとも通りがかりの光景だったのだろうか。

両端が緩いカーブになった大きな笊に、莢つきの穀物を入れて、ザッザッザッザッとリズムをつけて揺する老婆の姿があった。
風を巧く利用して上下に大きく揺すり、豆の皮を飛ばす…。眩しさに目を細めて見上げた幼い私とセピア色の風景。

帰り道、陽だまりの畦道に咲くオオイヌノフグリの青い小さな花を、今年はじめて目にした。(2003.春)

私の文字風景
(更新:05.6.22)

気持ちの赴くままに綴る文字風景です。
気ままな音楽環
(更新:05.10.06)
気ままな音楽あれこれです。
アルバム一覧
2003年4月から一日一枚、写真と小文を添えた日記です。
それぞれの写真からアルバムにリンクしています。↓

「はにかみ蟻んこ・写真日記」

蟻んこカメラマン アルバム日記('03春)アルバム日記('03夏)気まぐれ日記('03秋-'04冬)'04春日記'04夏日記
デジカメを持った "はにかみ蟻んこ"の可愛いイラストは、Akaiさんが描いてくれました。どうもありがとう!


HOME/ 故郷の風景/ 四季の風景/ 文字の風景/ 八十爺の気まぐれ工房/ MAIL