四季の風景
このページは、私の一人遊びに
黙って付き合ってくれるデジカメ写真のあれこれです。
下段にアルバム「四季の花と風景」をご案内しています。
 〜 楓 の 春 夏 秋 冬 〜
楓の風景(2005・夏) 楓の風景(2005.冬)
向日葵の季節の楓の風景、今はすっかりシンプルになりました。(05.12)




楓・春

お待たせしました。少し晩生のカエデ君、やっと春の芽吹きに気づいたようです。
近づいて見上げると、若葉の横に小さなプロペラ状の花(?)がついていました。「ふ〜ん…」 気分は小学生の理科の時間です。
小径に続くタンポポの花に促され、近づいて見上げた春の日でした。
(2001.春)
楓・夏

カエデ君が立つエリアはゲートボール場の広場です。
今日は地区の大会日。大先輩方の奮闘に、暑い風に乗って枝を大きく揺らし、熱い声援をおくるカエデ君でした。
青空に大きくバンザイしている“彼”に、今日は元気をもらえそう… そう感じた夏の日でした。(2001.夏)
楓・秋
←秋
よく晴れた晩秋の午後、通りかかった道で燃えるような紅葉に出会いました。
真っ赤に燃えたカエデ君、素敵な出会いがあったのでしょうか…?そんな君に魅せられて、すっかり立ち止まってしまった秋の日でした。
この日から君の行方が気になって、冬、春、夏と、追いかけることになりました。
(2000.秋)
楓・冬

晩秋の鮮やかな衣装を脱ぎ捨て、裸になってしまった真冬のカエデ君でした。
そのうちに「わぁ〜裸じゃったっちゃ〜!」と、あわてて肌着を着けることでしょう。温かく晴れた春の日に、芽吹きを迎えた君に会いに出かけてみましょ!!
厳寒の空に、凛々しく枝を伸ばしていたカエデ君。「元気だよ!」そんな声が聞こえたような冬の日でした。(2000.冬)


アルバム一覧
「四季の花と風景」
ブラシノキヴィーナスの木ブナの黄葉寒緋桜

HOME/ 故郷の風景/ 四季の風景/ 文字の風景/ 八十爺の気まぐれ工房/MAIL