いもじな日々

−作業記録と雑感−

最新 Index  

2001_03

2001-03-31
東京

 所用で東京方面に行ってきた。空き時間が少しあったので、表参道の人形屋佐吉に行って恋月姫の人形を見てきた。

2001-03-20
入門書

 ミシェル・フーコーの入門書3冊一気読み。

  1. 中山元 『フーコー入門』,(筑摩書房,1996)
  2. 内田隆三 『ミシェル・フーコー』,(講談社,1990)
  3. フレデリック・グロ(露崎俊和訳) 『ミシェル・フーコー』,(白水社,1998)

 いずれも新書版。たまたま、この順番に読んだのだが、これが大正解。1のちくま新書版は、入門書としては非常に良くできている。

2001-03-17
「夜想」

 古書肆マルドロールより「夜想」のベルメール特集号届く。

2001-03-11
浜田知明

 本日付け読売新聞日曜版の「絵は風景」と題する連載記事より、浜田知明(はまだちめい)という画家の言葉。

「自分の表現したいものが何なのか、それがはっきりしているのかどうかですよ。戦後の美術は、新奇なこと、人のやらないことの方へばかり来てしまった。アメリカ美術の影響です。さわりの部分だけやって、もう次へ行ってしまう。そうして次々に新しいことを開拓したつもりで、何か重大なものを取りおとしてきてしまった。」

2001-03-01
洞爺湖の彫刻

 昨日から洞爺湖の温泉に一泊。まだ微かに硫黄のにおいが漂っている。早朝、散歩がてらにいくつか彫刻を見てきた。石材やステンレス製の彫刻は、ほとんど変化はなかったが、ブロンズ製の彫刻は、硫黄分のせいで黒く変色していた。これらの彫刻が、前回の災害からの復興に対する願いを込めたものだっただけに、なんとも痛々しい感じがした。


最新 Index  

2001年3月
日曜鋳物師のページ