いもじな日々

−作業記録と雑感−

最新 Index  

2007_07

2007-07-30
涼しい

 これで仕事に追われていなければ。昨日も日曜出勤だったし。

2007-07-28
小雨、湿度高し

−−−
[メモ: Hans Bellmer]

−−−
[音楽] Die Form (ディー・フォーム)

 Die Formは、1977年に結成したフランスのゴシック/インダストリアル/エレクトロニック・バンド。メンバーはPhilippe FichotとEliane P.。革新的な音楽とダークでエロティックな映像で知られる。Philippe Fichotは写真家でもあり、アルバム・ジャケット等のアートワークは全て彼による。なお、バンド名"Die Form"はドイツ語で「形」を意味するが、発音は"difforme"(デフォルメ)を連想させる。また、"Die"は「骰子」や「死ぬ」を想起させるし、私などは"Die Forming"(型成形)が思い浮かぶ。

−−−
[メモ: シュルレアリスム関連]

2007-07-15
PCの調子が悪い

−−−
[音楽]

Joana Amendoeira (ジョアナ・アメンドエイラ) ファディスタ。

NaNuchka

on MySpace

その他

−−−
[メモ]

2007-07-14
魚々子ワークショップ

 今日の作業で一応の完成。

2007-07-08
フランス(6/30-7/7)

 Dijon(ディジョン)、Beaune(ボーヌ)、Paris(パリ)。
 滞在地はブルゴーニュ大学のあるディジョン。ディジョンは11世紀から15世紀まで栄えたブルゴーニュ公国の首都だった。ノートルダム教会、旧ブルゴーニュ公宮殿での音楽会、ディジョン美術館などを訪問。ディジョン美術館(無料!)では興味深い発見があった。
 ボーヌは関連行事で訪問。ブルゴーニュ・ワイン特産地の中心にある「ブルゴーニュ・ワインの首都」だそうだ。ボーヌ慈善病院(施療院)見学と市内散策の後、近郊のシャトー・ド・ムルソーで試飲と晩餐会。ボーヌ慈善病院は医療系マニア(笑)に、またシャトー・ド・ムルソーはワイン好きには感涙モノかも。
 パリでは行き帰りの途中の短い時間を過ごした。ルーブル、オルセー、オランジェリー、ギュスターブ・モロー美術館を駆け足で。
 
 今回はベルメール関係は封印。そのかわり、ヨーロッパ中世からルネッサンス以後に至る過程での人形的/彫刻的表現の劇的な変化を直に観ることが出来たのは収穫だった。


最新 Index  

2007年7月
日曜鋳物師のページ