いもじな日々

−作業記録と雑感−

最新 Index  

2008_04

2008-04-28
長い早春

−−−
[音楽] Miranda Sex Garden

 Miranda Sex Gardenは英国出身のバンド。3人組のマドリガル歌手グループとして出発した。1stアルバムは英国トラッドをベースにしたアカペラ曲で占められているが、2ndアルバムからゴシックロックやダークウェーブ、インダストリアルなどの要素を取り入れて急速に変貌していった。恒常的なメンバーはKatharine Blake一人である。

2008-04-27
今年は白樺花粉症がきつい

 初めてマスクして外出するようになった。薬飲んでても夜鼻が詰まって寝れん。本命はこれから来る稲科の雑草なのだが。ちなみに、花粉症は英語でhay fever。「ヘイ! フィーバー!」とか、オヤジギャグでも言わんとやっとれん。

−−−
[メモ]

−−−
[音楽]

分島花音

桃井はるこ

 こういうの結構好きかも。白いパイ生地(アイドル)と色つきパイ生地(パロディ)を重ねて、引き延ばしては折り畳み、引き延ばしては折り畳み、を繰り返すとパイ生地層がカオスになる。アイドルを材料にした虚実のカオス。

ナツメロ

「まちぶせ」は三木聖子だろ

2008-04-20
白樺花粉最盛期

 札幌は好天。仕事で自宅に籠もりきり。

−−−
[書籍]

−−−
[アート] Henry Darger (ヘンリー・ダーガー)(1892年4月12日−1973年4月13日)

−−−
[音楽] Ambeon

 AYREONのArjen Anthony Lucassen(アルイエン・アンソニー・ルカッセン)が結成したプログレッシヴ・メタル・プロジェクト。当時14歳の少女Astrid van der Veenをフロントヴォーカルに起用して話題になった。グループ名の"Ambeon"はAmbientとAYREONの合成語。デビュー・アルバムは2001年録音の"Fate of a Dreamer"。これが最後のアルバムでもある。

2008-04-12
My Foolish Heart

 ここのところ、ジャズを聴いている。

[音楽] Bill Evansと"My Foolish Heart"

−−−
[音楽] Portishead

 イギリスのGeoff Barrow、Beth Gibbons、Adrian Utleyにより結成された、"trip-hop"と呼ばれるムーブメントを代表するユニット。

2008-04-10
眠い

 花粉症の薬のせいで物を考える気がしない。やることは山積みなのだが。

2008-04-04
The Howling

 Within Temptationの"The Howling"の新しいPV。前バージョンはVideoゲームとのタイアップ版みたいな感じだったが、新バージョンでは映像の出来が格段に良くなっている。平和なセレブの庭園と戦争で瓦礫となった市街との対比は、この世界の有様への批判を内包しているように感じられる。

2008-04-03
あいかわらず気温が低い

−−−
[音楽] SepticfleshとChaostar

 Septicflesh(Septic Flesh)は、ギリシャのゴシック風デスメタルバンド。1990年に結成。8枚のアルバムをリリースした後、2003年にいったん解散したが、最近になって再結成しアルバム"Communion"(2008年)を発表した。
 Chaostarは、Septicfleshから派生したシンフォニック・ゴシック・プロジェクト。シンセ・オーケストラとオペラ風ヴォーカルを含むシアトリカルな音楽で、Septicfleshとは異なり、メタル色は無い。SepticfleshのChristos AntoniouとNathalie Rassoulisが中心になって1998に結成。"Chaostar"(2000)、"Threnody"(2001)"の2枚のアルバムをリリースした後、Nathalie嬢が離脱。ワンマンプロジェクトとしてThe Scarlet Queen"(2004)をリリースした後、休眠状態だったようだが、今年になってアルバム"Underworld"が発売になった。

−−−
[書籍]


最新 Index  

2008年4月
日曜鋳物師のページ