いもじな日々

−作業記録と雑感−

最新 Index  

2010_06

2010-06-28
どうして日本という国はこんなにゆとりがないんだろ

 バスに乗り遅れまいとしてバタバタしたあげく、結局自分たちを不幸にしている。

−−−
[音楽] "Come Wander With Me"

 "Come Wander With Me"は、Twilight Zone の同名のエピソードの中で女優Bonnie Beecherにより歌われた挿入歌。 (シーズン5、エピソード34、1964.5.22)

YouTube - Come Wander With Me - music excerpts - Twilight Zone

2010-06-27
湿度高し

 昨年の夏はポーランドで過ごしたので、今年の夏が今の家に引っ越してから初めての夏になる。ということで、ここのところ休日を使って家周りの整備や花植えをしたり、放置状態だったベランダを掃除して物干しやガーデンテーブルセットを置いたりとか、ぼちぼち作業をしてきたのだが、本格的な夏を前にようやく目処が立ってきた。後は、部屋の整理だが、...エントロピーを減少させるどころか増加分にすら対応できていない。最近また本が増えてきたし。これでも厳選しているつもりなのだが。

−−−
[書籍]

−−−
[音楽] Agua de Annique

 Agua de AnniqueはThe GatheringのヴォーカルだったAnneke van Giersbergenのソロプロジェクト。かつての「暗黒の歌姫」の色は全く無く、肩の力の抜けたフォークっぽい曲を採りあげている。この人の声も1/f揺らぎを持っているせいか、こういう曲を歌っても魅力的だ。

YouTube - Come Wander With Me - Agua de Annique

2010-06-26
体調悪し

 今日は、昼にソファーに横になっているのもしんどかった。夕方ようやく復活。やんなきゃいけないことがあるのだが。

−−−
[書籍]

2010-06-23
午後から雨

 旅の疲れが今頃出てきたのか、はたまた低気圧のせいなのか、体調が絶不調だ。

−−−
[書籍] 谷敦志 (→2010-05-01

(関連)

−−−
[音楽] Dead Can Dance トリビュート

 ゴシックメタル化。

2010-06-21
「ゲゲゲの女房」

 NHKの連続テレビ小説をまともに観るのは初めてなのだが、これについては面白そうだという予感が最初からあった。何と言っても水木しげるだからな。

−−−
[書籍] 貸本版 『悪魔くん』

 この限定版ボックスは、貸本末期(1963〜64年)に東考社から刊行されたオリジナル貸本三冊の完全復刻版とのこと。カバラとか黒魔術とかのネタが出てくるので調べてみると、この少し前(1960〜61年)に澁澤龍彦が推理小説専門誌「宝石」に『黒魔術の手帖』を連載している。隠秘学や悪魔学の本格的な紹介は昭和初期(日夏耿之介、酒井潔)に遡るが、1960年代は、戦後、再び人間の精神の裏側に人々の関心が向き始めた時代だったのかも知れない。

(関連)

2010-06-16
「匣入り加菜子」

 延び延びになっていた植物少女園原型の「永遠の国のアリス Alice in Neverland」(→2010-03-06)が近々発送とのこと。「匣入り加菜子」(↓)もコールドキャストにならないかな。

YouTube - hakoirikanako

−−−
[書籍]

2010-06-15
「はやぶさ」帰還の件

 政府は「はやぶさ」の帰還を受けて後継開発プロジェクトを推進する考えを表明したとのこと。この事自体は歓迎できるが、帰還以前に「はやぶさ」プロジェクトは既に多くの成果を上げていたのではないのか? もし今回の「奇跡の帰還」で世間の注目を集めなかったら、以後のプロジェクトは完全に息の根を止められていたということだろ。この事の怖さをマスコミは何故もっと指摘しないのか? 

2010-06-14
北大構内は蛙の合唱

 イタリアでは30℃前後と気温は高いが、湿度が低いので日陰は涼しく過ごしやすかった。札幌は今くらいが一番気持ちの良い季節だと思う。

−−−
[書籍]

2010-06-13
イタリアから帰還

 6月5日から13日までイタリア旅行。今回の仕事場はモンテカティーニ・テルメという古くから温泉保養地として有名な街だったのだが、フィレンツェの近くなので、日程の空きを使ってボーボリ公園のグロッタ・グランデとラ・スペコラを見てきた。

朝摘みの香草添えし器にも甘き蜜蝋の乙女の果肉  (鹿取 狼)

2010-06-02
いやはや

 最近のロボットはリンクから孤立したページまで拾っていくのか。油断も隙もないな。まあ、見る人はほとんどいないだろうが。

2010-06-01
嗚呼6月

 なんだか仕事に追いまくられて、いつの間にか月日が過ぎている。

−−−

初恋が運命(さだめ)となりし菊人形  (鹿取 狼)

 さすがに秋の句を引くのは気が早いか。


最新 Index  

2010年6月
日曜鋳物師のページ