いもじな日々

−作業記録と雑感−

最新 Index  

2011_06

2011-06-27
そろそろ一年の半分が過ぎる

−−−
[書籍]

−−−
[映像]

〆(。。) :

−−−
[音楽]

Corde Oblique - "Together Alone" (Official video clip)

2011-06-26
爽やかな初夏

 気温は高くならないが、日差しが力強くなってきた。こういう気候が一番好ましい。しかし、海岸の漂着物はいまいちだな。これから各浜で海開きになるし。

−−−
[ビーチコーミング記録]

 6月25日。石狩浜→厚田海岸→望来海岸(望来浜、無煙浜)→石狩浜。今日は石狩浜の海開き。しかし、と言うか拾い物は無し。厚田海岸ではきれいなメノウを少し。望来海岸では雪の結晶の模様(ただし8角形)のある陶片。朝方は厚い雲があったが、昼前から澄み切った青空が覗くようになった。久々に「チニタ」で昼食。夕方は「マウニの丘」で一休みのコーヒー。

2011-06-20
初夏の便り

 ポプラの綿毛が舞い始めた。

−−−
[メモ]

デロール

澁澤龍彦

2011-06-18
地層と化石

 いしかり砂丘の風資料館主催の野外講座「地層と化石」に参加。古潭の北側の海岸の地層、無煙浜近くの厚田油田跡を見学した後、無煙浜から望来海岸を北上して化石採集をした。私は母岩から独立したオウナガイの化石とヤスリツノガイらしき化石の痕跡穴のある玄能石を拾った。

−−−
[音楽] Maria Creuza (→2009-11-01

−−−
[書籍]

〆(。。) :

 松岡正剛はここで、若桑みどりの『マニエリスム芸術論』を読んだと言っているがたぶん内容を忘れてしまったのだろう。ホッケを読むのなら必ず若桑みどりも読め、と私は強く主張したい。

2011-06-14
風邪を引いたらしい

 12日のビーチコーミングでは二浜歩いただけで疲れてしまって変だなと思っていたのだが、翌日は身体の節々が痛い上に下痢で、やむなく定時に帰宅した。どうも風邪っぽい。

−−−
[ビーチコーミング記録]

 6月12日。石狩浜と望来海岸。薄曇りで涼しい風の吹く気持ちの良い気候だった。しかし、拾い物は無し。

 ちなみに、11日は「地球最古の恐竜展」のスタンプラリーの続き。

〆(。。) :

−−−

尖塔の影長き午後の廃都かな  (鹿取 狼)

2011-06-09
初夏っぽい

 蛙の大合唱。まだ一波乱ありそうだが。

−−−
[音楽] Bent

 Bentはイギリスの男性二人組のエレクトロニカ・ユニット。"Swollen"は彼らのデビューアルバム"Programmed to Love"からの曲。カフェ・デル・マーのコンピレーションアルバムにも収録された。この曲のヴォーカルはZoe Johnston。

−−−
[メモ]

2011-06-07
カードホルダー

 日曜日にフェアトレードの屋台で買ったゾウとカバのカードホルダーについて調べてみた。材質はソープストーン。ケニア南西部の高原地帯で採れる天然石で、この地方では古くからこの石を使った工芸品が造られてきたらしい。ソープストーンの職人たちの協同組合「キシー・コープ」からピープル・ツリーを通じて販売されている。

 実は屋台の店員さんに何所の物か訊いても要領を得なかったのだが、ただ売るだけでなく、フェアトレードの商品について勉強することも大事だと思うんだが。

〆(。。) :

2011-06-06
アンティーク顕微鏡

 3月末にアンティーク顕微鏡を購入。4月の末にはアンティークのベルジャー(ガラス製顕微鏡カバー)を買った。現在顕微鏡周辺の情報を調査中。

 顕微鏡の型式はライツ IV型。後にライカを発売したエルンスト・ライツ社の製品だ。台には"E. Leitz Wetzlar"の銘と、シリアルナンバー"No. 137198"が刻印されている。Webに公開されているシリアルナンバー表によると、製造年は1910年となる。今からほぼ100年前だ。1910年(明治43年)というと、ハレー彗星が地球に再接近して大騒ぎになった年だ。また、この年に、寺田新太郎・加藤嘉吉・神藤新吉が国産顕微鏡の製作を開始した。これがエム・カテラ顕微鏡の元になった。1914年に工業的に製造された初の国産顕微鏡として発売されたのが、ライツ IV型をそっくりコピーしたエム・カテラ IV型であった。

〆(。。) :

エルンスト・ライツ

ライツ IV型、エム・カテラ IV型

アンティーク顕微鏡

顕微鏡歴史年表

−−−
[ビーチコーミング記録]

 6月4日。石狩浜、厚田海岸、古潭海岸。曇り後雨の予報だったが、雨降りが予想外に早かった。石狩浜は見事なほど収穫無し。厚田海岸では、ペーパーウェイトになりそうな水晶付きメノウ、アンモナイト似の白い石など。他に見物も結構あった。久々の古潭海岸は崖崩れの礫が浜を埋め尽くしていて、化石もメノウも見えず。

−−−

 昨日5日は北大祭の最終日。ポーランド留学生の屋台を目当てに出かけた。プラツキとジュレックを食べた。フェアトレードの屋台では、ゾウとカバのカードホルダーを購入。その後、「地球最古の恐竜展」のスタンプラリーをしながら街中化石ウォッチングをして回った。

2011-06-02
漂着

 津波に掠われた気仙沼市の高校のバレーボール部のボールが、北海道別海町の浜辺に漂着したとのこと。2ヶ月半かけて三陸沿岸から根室の納沙布岬をまわって別海町へと、700kmの距離を流された計算になるらしい。

−−−
[音楽]

2011-06-01
リラ冷え

 今日の夜から北大のメインストリートで学祭の準備が始まった。この時期は夜冷える。しかし、雨にならないだけラッキーだ。

 iswebベーシックのサービス終了だと。anetの時もそうだったが、楽天は他のサービスを買収しては手抜き運営をして結局潰している。引っ越し先を探さないと。

 それに引き替え、生協インターネットはメールボックスを50Mから200MB、ホームページスペースを20MBから100MBに拡張するとのこと。まあ、容量が10年以上も変わらなかったのが変なのだが。とは言え、ようやく重い腰を上げてくれたおかげで、ここでも多少は画像を貼れるようになるし、「日曜鋳物師」の更新もできるわけだ。


最新 Index  

2011年6月
日曜鋳物師のページ