いもじな日々

−作業記録と雑感−

最新 Index  

2011_09

2011-09-24
久しぶりにゆっくり

−−−
[ビーチコーミング記録]

 9月23日。石狩浜、厚田海岸、古潭海岸(押琴の浜)。曇り後雨の予報だったが、日中は好天。台風の名残か、波は高かった。石狩浜と厚田海岸で負傷した若いカモメを見かけた。石狩浜の鳥は足が一本無く、厚田海岸では左の羽根が折れて飛べなくなっていた。石狩浜では琥珀が見つかるかも、と期待したが収穫無し。逆に厚田海岸では大きな琥珀...に激似のメノウを見つけた。また巨大ノジュールがメノウの脈を含んでいる事を発見。押琴の浜では、この前いなくなったトドの肩胛骨が漂着していることを確認した。

2011-09-22
いつの間にか寒くなった札幌

 6日間ほど留守にしていた間に、やけに寒くなった。

メモ

9/17〜22
 仕事(国際会議)で韓国釜山旅行。ギリシャから帰って一週間もしないうちにまた海外旅行だ。出かける前は例の如く仕事の準備に追われて連日の寝不足で参った。泊まったホテルが海雲台の海水浴場に面していたので、一応浜歩きはしたが、海水浴場として徹底的に手が加わっているのでビーチコーミングには不向きだった。今回は独自の見学は無し。最終日の公式行事のエクスカーションで、世界遺産になっている慶州の仏国寺と良洞民俗村を見学し、夕食に韓定食を食べて帰還した。慶州はアメジストが産出することで有名なのだが、今回は縁がなかった。今回も台風とのニアミスで帰りの便が心配だったが、幸いにも無事帰国できた。

2011-09-13
ショック・ドクトリン

 Naomi Klein著 "The Shock Doctrine――The Rise of Disaster Capitalism"(2007)の邦訳が岩波から出版された。これが9.11の直前に出版されたのは何らかの意図があったのだろうか。 (→2008-09-11

 最近、この概念を称揚しながら原発推進側の主張を代弁する論者がいるようだが、重要な事は、誰が国民を食い物にしてきたかをきちんと捉えることだ。そうすれば、彼らのエネルギー安全保障の議論がどれほど浅薄でまやかしに満ちているか、すぐに分かるようになるだろう。安全保障というのは、例えばエネルギーについて個別に論じても意味が無いものなのだ。

[書籍]

〆(。。) :

2011-09-12
いつの間にか涼しくなった札幌

 8日間ほど留守にしていた間に、完全に秋になった。

メモ

9/4〜11
 仕事(国際会議)でギリシャ旅行。ここのところの危機的な経済状態で治安に不安があったが、帰国日にタクシーのストがあった程度で済んだ。仕事の準備で前日徹夜はいつものことだが、今回は台風という不安要素も加わって、何処かを見て回るとか考えている余裕がなかった。公式行事のエクスカーションでペロポネソス半島東北部のミケーネ遺跡とエピダヴロス古代劇場の見学。また、ホテルの場所がポセイドン神殿のあるスーニオ岬とアテネを結ぶバス路線上にあったので、この二カ所も見てきた。ホテルからプライベートビーチに歩いていくことができたので何度か浜歩きをしたが、流紋岩に含まれた白い石英と鉄鉱石の一種と思われる直方体の結晶を見つけた程度。

−−−
[音楽] 飛行機内で聴いた音楽

2011-09-01
台風接近

 蒸し暑い。

−−−
[音楽] Kalafina


最新 Index  

2011年9月
日曜鋳物師のページ