いもじな日々

−作業記録と雑感−

最新 Index  

2012_07

2012-07-28
三笠巡検

 地図と鉱石の山の手博物館の「三笠化石巡検」に参加した。三笠市立博物館(見学)、サイクリングロード(散策)、桂沢湖近くのトリゴニア砂岩層の露頭(化石採集)、幌内炭鉱立坑櫓の順に回った。
 トリゴニアは採集できたが、アンモナイトはもともと希だとは言うものの影も形も無し。しかし、最後にアンモナイトのお土産を頂いて帰宅。写真に撮りたいところだが、博物館でカメラが壊れてしまったのでしばらくはお預け。

2012-07-26
体調最悪

 昨夜の飲み会で食べた魚貝とあわなかったせいか、昼前頃に、座って居るのもしんどくなって早退。最悪状態は脱したが、身体の節々が痛い。

−−−
[音楽] 蒸し暑い気候になると、この人。(再掲含む)

2012-07-22
石洗い

 宗谷で拾った石を洗った。磯臭さが抜けないものがあるな。

−−−
[ビーチコーミング記録]

 7月21日。望来と古潭。望来では、小さな巻き貝、メノウ化した二枚貝、ヤスリツノガイ、謎の多孔質化石など。古潭では、板状の崩落オレンジメノウのみ。

−−−
[音楽]

2012-07-20
涼夏

メモ

7/15〜7/16
 道北旅行。メインテーマは、宗谷の海岸アンモナイト。猿払村に一泊して、宗谷岬近辺の海岸を歩いた。15日は猿払のお祭りの二日目で、良いタイミングだった。15日の食事後と16日の午前にビーチコーミング。宗谷岬の西側の浜では、アンモナイト3個。いずれも不完全だが、初めての採集だった。2番目の浜では、きれいに磨かれたメノウ。3番目の浜では、小さなアンモナイトの入ったノジュールの欠片、巨大アンモナイトの断片、海ずれのアンモナイトの一部など。他に特筆されるのは、さるふつ公園のほたて化石群と、帰り際に寄った浜頓別町のクッチャロ湖。湖畔の水鳥観察館は予想以上に面白かった。

−−−
[書籍]

〆(。。) :

−−−
[音楽]

2012-07-08
湿度高し

−−−
[ビーチコーミング記録]

 7月7日。石狩浜、古潭海岸、望来海岸。朝方の浜は気持ちの良い風が吹いていたが、日中は風が止んで日が照りつけた。石狩浜では、いつもの漂着メノウと、他には鳥の頭骨を見つけた程度。古潭海岸では玄能石の調査。望来海岸では、二つに割れた大きな巻き貝を見つけた。
 7月8日は朝のみ。望来海岸。大巻き貝の欠けた所を補完する部分を探しに行ったが、発見できず。段丘堆積層から崩落したカーネリアン、真珠層が表面に表れた二枚貝の化石など。

−−−
[音楽] 梶浦由記 「Vanity」

2012-07-04
初夏近し

 やっとヒートテックが不要になった。

メモ

6/30
 大阪日帰り旅行。仕事上の付き合い絡みだったが、せっかくなので、大阪市立科学館に寄って學天則の復元版を見てきた。顔がオリジナルより幼く改変されているのが残念。

−−−
[ビーチコーミング記録]

 7月1日。古潭海岸。一年に何回も無いような気持ちの良い気候。しかし、さすがにめぼしいものは見つからず。崖から崩落したカーネリアンや丸い模様のある白メノウなど。ノジュールに入った化石骨のようで骨の組織の無い石について、コメントにて玄能石との御教示あり。他には炭化してボロボロになった木の化石があったが持ち帰らず。

−−−
[メモ]


最新 Index  

2012年7月
日曜鋳物師のページ