いもじな日々

−作業記録と雑感−

最新 Index  

2012_09

2012-09-30
暖かい9月

メモ

9/15〜9/17
 9月の三連休は釧路・根室方面に旅行。初日は厚岸に宿泊し牡蠣料理を堪能。初日の午後と二日目の午前は浜中町奔幌戸の海岸でアンモナイト探し。二日目は、浜歩きの後、軽い昼食を霧多布湿原センターで摂り、霧多布岬と花咲の根室車石に寄った後、根室市街を通り風蓮湖で一休みして釧路に到着。三日目は釧路市立博物館、忠類のナウマン象発掘地、忠類ナウマン象記念館を見て帰宅した。

9/28
 アンモナイト研究家のY氏に同行して羽幌にアンモナイト採集調査。アンモ採りの超ベテラン2人が加わり総勢4人となった。放水して水が抜けたダムと支流の沢を歩いて、ノジュールを見つけ、ハンマーで割ってを繰り返す。自分の収穫は大したことはなかったが、レベルの高いベテラン3人から良い物を沢山頂いてリュックがいっぱいになった。ただ、自分で見つけたスレパキの大いのを持ち帰れなかったのが心残り。最後はさすがにくたくただったが、一晩寝たらダメージはそれ程残っていなかったので、なんとか続けられるかも。

−−−
[ビーチコーミング記録]

 9月22日。厚田海岸では、小さなビー玉といくつかのメノウ。その後、古潭海岸の崖下を歩き始めたところでK氏とばったり遇い、厚田の沢に巨大メノウがあるから見に行こうと誘われたため、同行することにした。初めての本格的な沢歩きだったが、ウェーダーの準備をしていなかったので、長靴だけでやや難渋した。沢には、大きなメノウがごろごろしていて、とても持ち帰れない大物があった。今回は4個持ち帰った。このうち、もこもこしたメノウが2個、ぷりぷりが1個、晶洞に水晶のクラスターが被っているのが1個。

−−−
[メモ]

−−−
[音楽]

2012-09-09
9月の雨

メモ

8/23〜9/2
 緊急の事情により帰省。しんどかったが、幸い事態は好転。

−−−
[ビーチコーミング記録]

 9月8日。1ヶ月ぶりのビーチコーミング。石狩浜、厚田、古潭、望来。朝方は秋の気配。昼近くなるにつれ、夏の暑さに戻った。石狩浜では、番になったトンボの大移動を見た。拾い物は漂着メノウ4個のみ。厚田海岸では、大きめのオレンジメノウとビー玉。古潭海岸では、ウニの化石。たぶんブンブク。ブツブツした殻と棘らしき物が残っていた。望来海岸では、漂着物学会の人たちと遭遇。鉱物入りの二枚貝の断面がいくつか覗いたノジュールがあったので、ハンマーとタガネで割り出してみた。

 それにしても、最近は琥珀もガラス浮き球もまったく見かけない。


最新 Index  

2012年9月
日曜鋳物師のページ