ペーパーウェイトとペーパーナイフ

−フィギュア・ガレージキット用造形素材を使って−

ペーパーウェイトとペーパーナイフ

今回は、油粘土の原型から出発してレジンキャスト(ポリウレタン樹脂)やポリパテなどガレージキット用の素材を使用して二次モデルを作製してみました。この二次モデルからピューター鋳造用のシリコーン型を取ります。この方法によって、油粘土から直接型を取る場合より精確な型取りができるようになりました。


主な準備

原型の制作

鋳型の制作

鋳造・仕上げ


原型から鋳型の製作まで

ペーパーウェイト原型_ペーパーナイフ原型

油粘土で原型を制作します。

ペーパーウェイトとペーパーナイフの原型。

油粘土の原型からの型取り_レジンキャスト用の鋳型

油粘土の原型からレジンキャスト用のシリコーンゴム鋳型を型取りします(ペーパーウェイトの例)。

ペーパーウェイト二次モデル_ペーパーナイフ二次モデル

ペーパーウェイトの二次モデル(レジンキャスト製)。

ポリパテで修正した後、ホワイトサーフェサーで仕上げました。

二次モデルからの型取り1_二次モデルからの型取り2

レジンキャスト製二次モデルからの型取り(ペーパーナイフの例)。

最初に刷毛を使ってモデル表面にシリコーンゴムを塗りつけます。
モデルの全面が被われたら残りのシリコーンゴムを流し込みます。

鋳造−>


2001年9月1日更新 (1998年11月24日公開)
日曜日のピューター・クラフト
日曜鋳物師のページ